ヘリオケアの効果はどれくらい続く?

結局はヘリオケアにたどり着きます

飲む日焼け止めは色々販売されていますが、効果持続時間には結構バラつきがあるそうです。例えば、「ノーブ」だと1粒につき2時間、「ピュアホワイト」だと240粒で1月分とされていますから、1粒につき3時間という計算になります。

個人的には、この時間ではちょっと短いな、と思いました。

もちろん、1日に何粒も飲んで良いものですから、効果が切れる時間を見越して新たに飲めば事足りるのですが、夏の間は日も長いですから、それも煩雑ですよね。そこで、もう少し効果持続時間が長いものはないか探してみたところ・・・「ヘリオケア」というのが良いと分かりました。

なんでも、これなら1粒飲めば、6時間もの間、日焼け止め効果をもたらしてくれるのだとか。6時間なら、1日中外にいる場合でも、2回飲めば事足ります。それに、値段も30粒につき6,000円程なので、飲む日焼け止めとしてのコストパフォーマンスも、決して悪くありません。

また、主成分としては、フェーンブロックという植物成分が使われている関係上、基本的に副作用の心配も無いみたいです。しかし、1つ難点があって、日本では医師の処方でないと販売が認められていないそうです。そのため、あまり手間をかけたくないという人には、個人輸入がお勧めとのことでした。

ヘリオケアの成分は大丈夫?

ヘリオケアという飲む日焼け止めが、日本で高い人気を集めているそうです。

しかし、日本でもノーブやピュアホワイトと言った、飲む日焼け止めがいくつか販売されているのに、なぜ未だにヘリオケアが人気なのでしょうか?

品質や安全性については、日本製であるノーブやピュアホワイトの方が、絶対優れていると思うのですが。

調べたところ、ヘリオケアは、効果持続時間がとても長いと分かりました。
具体的には、1粒飲めば6時間効果が続くのだとか。

ちなみに、ノーブだと1粒につき2時間、ピュアホワイトだと明示はされていませんが、1月分が240粒で1日の上限は8粒が目安と書いてあることから、3時間くらいという計算になります。

しかし、それだけ効果が長く続くとなると、成分の方が心配になります。
そこで、ヘリオケアの構成成分を見てみると、フェーンブロックという成分が、日焼け止め効果の要を担っているとのことでした。

しかもそのフェーンブロック、植物成分であるため、副作用の心配は特に無いそうです。

他にも、ビタミンC・E・Dやリコピンなど、肌に良い成分は多数含まれている一方、体に悪い成分は特に見当たりませんでした。これなら、ヘリオケアが未だ日本で人気なのも頷けますね。

ヘリオケアに紫外線カット効果なし!?

9月だと、夏の日差しがまだまだ本格的なままで困りますね・・・。

おかげで、まだ日焼け止めが手放せない状態です。しかし、いくら日焼け止めを塗っても、私の場合は汗っかきなので結局は流れ落ちてしまい、あまり意味が無いんです。そのため、毎年10月くらいになると、シミやくすみがチラホラと出て来ます。

しかし、最近では、汗で落ちてしまうような塗るタイプのもの以外にも、日焼け止めはあるそうです。

具体的には、飲むタイプの日焼け止めがあるんです。一番有名なものとしては、スペインの会社から販売されている、ヘリオケアが挙げられるのだとか。ちなみに、販売歴は10年以上と意外と長いです。

ただ、そのヘリオケア自体に、紫外線をカットする効果は無いそうです。では、どのようにして、ヘリオケアは太陽の紫外線から肌を守ってくれるのでしょうか?

詳しく調べたところ、紫外線によって肌内に発生する、活性酵素を破壊してくれること、その活性酵素こそが細胞を傷つけシミやくすみを引き起こすことが分かりました。

つまり、塗る日焼け止めのように、活性酵素を生成する紫外線を最初からカットするのではなく、ヘリオケアは事後的に肌内に生成された活性酵素を破壊することで、シミやくすみを防いでくれるんですね。

「nouv」より「ヘリオケア」が人気

飲む日焼け止めとして有名なものを挙げると、「nouv」や「ヘリオケア」があるそうです。

ちなみに、前者は日本の製品で、ヘリオケアはスペインの製品だそうです。となると、何となく日本製のnouvの方が良いような気が、個人的にはしました。多分、日本製イコール安全性や品質が高い、というイメージが強いからだと思います。

しかし、実際のところ、飲む日焼け止めの効果の観点から考えると、nouvよりも断然ヘリオケアサプリの方が良いみたいです。しかし、値段はどちらも、1粒に換算すると200円くらいですから、どっちの方が安いとか高いとかいう感じではありません。

また、どちらともドラッグストアでは売っていない関係上、購入するにはネットを介す必要がありますから、購入上の手間の点でも変わりません。

そこで、ヘリオケアは、どの点でnouvよりも優れているのか詳しく調べてみたところ・・・効果の続く時間だと分かりました。詳しく言うと、nouvは1粒につき2時間しか日焼け止め効果を期待できない一方、ヘリオケアサプリだと6時間も効果が続くのだとか。

これなら、確かにnouvよりも断然ヘリオケアサプリを選ぶべきですね。毒々しい見た目のヘリオケアサプリですが、今年は9月中も暑さが厳しいそうなので、私も近いうちに購入してみることにします。

ヘリオケアは皮膚科で処方してもらえる?

正確に言えば、ヘリオケアは今まで自分が使っていた塗る日焼け止めではなく、飲む日焼け止めということをです。今まで、日焼け止めは塗るものだと思っていたので、これにはちょっと驚きました。

こんなことなら、夏の日差しがこれでもかというくらい強かった、8月中に使用してみれば良かったです。私の場合、結構汗が多い関係上、塗る日焼け止めだと途中でよく流れ落ちてしまっていたので。

しかし、この前ドラッグストアでヘリオケアを探してみたのですが、残念ながら見付かりませんでした。

そこで、詳しく調べたところ、皮膚科で処方してもらえると分かりました。しかし、そこら辺にあるただの皮膚科ではなく、美容系の皮膚科です。

つまり、ヘリオケアは治療薬ではなく、美容の手段みたいな感じで見られているんですね。なんだか、一気にハードルが高くなったように感じます。

そのため、保険が効かず、ヘリオケア代毎月6,000円弱や診察代は、全て全部自分持ちみたいです。日焼け止めをもらうために、わざわざ病院に行くだけでも面倒なのに、更にお金もかかるだなんて。一刻も早く、日本でも普通に買えるようになる日が待ち遠しいものです。

でも、今すぐ欲しい場合には、個人輸入での通販も可能で1週間以内に届くようなので、手っ取り早く入手する事も可能なので待つ必要はありません。

>>ユークロマクリームはこちらから購入しました