皮剥けは効いている証拠?

肌がボロボロになってきたら保護も忘れずに

肌のターンオーバーを促す事で肌環境を改善できるのがトレチノインですが、ハイドロキノンと同じ働きのように思われる場合があります。

ハイドロキノンは、シミを予防したり改善する働きですが、トレチノインは、皮膚の再生能力に関わるビタミンA誘導体の一種です。このような働きの違いから、トレチノインの方がシビアさが必要となります。

具体的には、外見的にかなり目立つ程、肌がボロボロと剥けるみたいです。
そのため、使用中は保湿クリームや化粧品、または、ハイドロキノンを併用する事でバリア機能が一時的に無くなった肌細胞を守る対策が必要となります。

でも、そんなに皮膚がボロボロと向けて、大丈夫なのでしょうか?

トレチノインが肌に合っていないから起こるように勘違いされる場合もあるかもしれませんが、そうした皮剥けは、トレチノインに限れば、ちゃんと効いている証拠です。

なぜなら、肌がボロボロと向けるのは、古い皮膚細胞がトレチノインにより剥離しているからなんですね。

いずれにせよ、肌のバリア機能が通常より落ちてはいるため、ちゃんと紫外線対策や保湿、夏だと日焼け対策などを忘れる事なくしっかり行わなくてはならないと思います。

>>TOP PAGEへ