ニキビ跡に効果的な働き

ターンオーバーを促す作用が結果的にニキビに効く

ずっと美白クリームを塗っていても、ニキビができてしまって困っているなんて人も多いのではないでしょうか。また、ニキビ用の薬を塗っている間、少なくともそこに美白クリームは塗れません。

しかし、紫外線の強い夏の季節ともなると、シミ対策も休まず行っていきたいというのも本音。このバランスを取るのも結構大変です。

そんな時に、ニキビにも効果的な美肌成分として人気なのが、トレチノインというビタミンA誘導体による治療。ビタミンA誘導体とは、肌のターンオーバーを促すことで、強制的に新しい肌を作る作用です。

古い肌を剥離して新しい肌を形成することで、ニキビ跡となっている肌をどんどんと外に追いやってくれる事で治らなかった肌の陥没が無くなるという仕組みです。

加えて、ターンオーバー促進効果により、毛穴の詰まりも解消するため、炎症により起こるニキビや吹き出物の予防にもなるとのことでした。トレチノインだと、ニキビの治療をしつつ、同時に美白効果も得られるそうです。これなら正に一石二鳥です。

ニキビの出来やすい体質だと、市販の治療薬を使用しても中々効果が実感できなかったというケースも少なくないと思います。有名なニキビ治療薬でも同じように。

それが、ニキビ跡治療薬としてではなく、肌のターンオーバーを促すビタミンA誘導体によって可能となるのです。

ただし、トレチノインを塗っている間は、肌のターンオーバーが活性化する関係上、結構肌がボロボロと剥けます。外出時は特に注意が必要です。紫外線の強い夏の間は特に、保湿や日焼け止めを心掛けるべきだそうです。