ハイドロキノンで薄める方法がある?

炎症後色素沈着の軽減にも用いられている

トレチノインは、ニキビ跡や美白に期待が持てる反面、使用に伴う肌の負担が大きいのも特徴。具体的には、肌が赤くなって、痛痒さが生じると同時にボロボロと剥け落ちる事ですが、この時に、無理に剥がしたりするのは禁物です。

そのため、使用中は保湿等の肌ケアを、別途念入りにしなければいけないそうです。
しかし、それだけでは済まない程、トレチノインの副作用が強く出てしまう場合が少なくないのもこの薬の特徴のようです。

ひどいと、痛くて掻いてしまったせいで、炎症を起こして膿が顔から出てしまうこともあるらしくて。肌のこうした変化は、トレチノインがちゃんと効いている証拠でもあるのですが、ここまでだとちょっと使用者にとっては負担が大きすぎると思います。

そこで、もうちょっと負担を軽減できないか調べたところ・・・ハイドロキノンで薄めて使うというのも一つの方法なようです。

具体的には、トレチノインとハイドロキノンを混ぜ合わせると、肌の副作用(炎症後色素沈着など)を抑えつつ、早めにシミの軽減が実感できるとのことです。

実際に、この二つの成分を同時に配合しているクリームもあるので、混ぜ合わせた使用も可能だという事がわかりますが、それぞれ含有量が異なるので、同量で混ぜれば良いという事では無さそうです。

ハイドロキノンも、メラニンの生成を抑制したり軽減したりして、シミを改善してくれる成分なので、トレチノインを薄めるのに使えば、肌への負担を軽減しつつ二重の美白効果を得られることになれれば良いのですが・・・。

>>TOP PAGEへ