炎症を起こさない程度に使うには

塗布後に洗い流すという方法もあるそうです

トレチノインを使えば、通常なら2週間程でニキビ跡も改善していくと言われています。

10代の頃にできたニキビの痕跡もこの薬を使用すれば2週間程度で改善するという事で、トレチノインの人気は、ハイドロキノンにも迫る勢いで、上昇しているそうです。しかし、その一方で、トレチノインの使用には、シビアな面も伴うと聞きます。

それが、肌の炎症です。
トレチノインは、肌のターンオーバーを促すことで、メラニンを分散させてシミを薄くするという、高い美白効果の為、成分としての刺激性もかなり強いのだとか。

そのため、一定程度の負担が肌に掛かり、それが炎症という形で表れ、痛みや痒みが同時に生じることも少なくないそうです。
となると、なるべく肌の炎症は抑えたいところですね。

その一般的な方法としては、トレチノインを塗って10分程放置した後洗い流す、という方法もあるそうです。

そんなすぐに洗い流して良いのか個人的には疑問でしたが、トレチノインの浸透性はハイドロキノンのように悪くはなく、10分もあれば肌に染み込んでいるため、これも一つの使い方としてアリなようです。

また、同量のハイドロキノンと混ぜるとういう方法もありますが、これは、肌のバリア機能が意図的に無くなる事で色素沈着を防ぐ為というのが主な目的のようです。

ハイドロキノンを使用する事で、炎症によりメラニンが活性化するのを押える事が可能となるので、こうした使い方をしているユーザーも少なくないようです。

>>TOP PAGEへ