ハイドロキノンは毛孔性苔癬にも有効?

そのものではなく残った跡の色素を消す為に

毛穴に角質が充満し、皮膚にブツブツとなって表れる、毛孔性苔癬。

遺伝により生じるごくありふれた病気で、命に関わることはありませんが、かなり症状が目立つため、悩んでいる人は多いと聞きます。また、成長するにつれてブツブツが無くなっても、その跡が依然として肌には残るため、悩みは尽きないそうです。

確かに、ブツブツが無くなっても、その通りのシミが肌にビッシリ残るわけですから。
女性は半袖の服をそのままでは切れず、常にカーディガンを上に羽織ったり、七分の袖のものを選んだり、ストッキングを履いたりしなければいけないそうです。

しかし、そうした大人になってからの毛孔性苔癬の症状には、ハイドロキノンが改善策として活用されているようです。

ハイドロキノンと言えば、シミの対策や予防に良いとされていますが、毛孔性苔癬で跡が残っている場合、それもシミと同じくメラニンの沈着が原因であるため、根気欲続ければかなり目立たなくできるのだとか。

具体的には、体内アミノ酸であるチロシンを酸化させることで、メラニンを無色から黒色に変化させてシミを引き起こしてしまう体内酵素、チロシナーゼの働きを抑制してくれるから可能なようです。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら