ハイドロキノンとトレチノインの違いは?

全く異なる二つのアプローチ方法

シミに良い成分の中でも効果が著しく注目されているものとして、ハイドロキノンとトレチノインというふたつの成分が挙げられます。しかし、そのふたつのシミの改善方法は、かなり違うようです。

具体的にどのように違うのでしょうか?

まず、ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制すると同時に、既に肌に沈着しているメラニンを軽減する効果を持つ成分です。シミを予防するだけでなく改善までできるため、肌の漂白剤と言われることも多い美白剤。

美白剤と言っても、日本では、市販されていないので、医師の指示の元使わなくてはなりません。その位、強い働きを示します。

一方、トレチノインは、皮膚の新陳代謝を促進する効果を持つ、ビタミンA誘導体です。ターンオーバーを促進する事で若い皮膚細胞を生成することでメラニン色素が分散されるため、結果としてシミも目立たなくできます。

ちなみに、皮膚のターンオーバーが活発になるので、使用中はかなり皮膚がボロボロと剥けてしまうので、保湿などの同時ケアも欠かせません。

こうして見ると、確かにハイドロキノンとトレンチノインの間には、大きな違いがありますね。具体的に言うと、トレンチノインの方が、より根本的な部分からの改善のように思えます。

しかし、前述した通り、トレンチノインは使用中、皮膚の剥け度合がかなり大変だそうなので、ハイドロキノンの方が使いやすいイメージです。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら