ハイドロキノンで陰部の黒ずみも改善?

陰部の色素沈着にも効くそうですが・・・

陰部の黒ずみに悩む女性は、意外と多いみたいです。

しかし、ちゃんと毎日洗っているのに、また、病気でもないのに、なぜ陰部が黒ずむのでしょうか?

陰部が黒ずむ原因は、色素沈着だと分かりました。
なんでも、女性の場合は性器の構造上、動く度に下着に擦れたり外陰部同士が触れ合ったりするダメージに、肌が反応してメラニンを生成してしまうのだとか。

となると、陰部の黒ずみも、普通のシミやソバカスと同じなんですね。

しかし、黒ずみの正体が色素沈着と分かったところで、予防するのは難しいと思います。普通の肌だったら、シミの原因となる紫外線を阻むために、服で覆ったりUVクリームを塗ったりできますが、陰部だとそうもいきませんから。

そこで、対症療法の方向で手立てを探してみたところ、ハイドロキノンが良いと書いてありました。なんでも、ハイドロキノンは色素沈着の原因となるメラニンの生成を合成酵素の働きを阻害したり、メラノサイトを減らしたりすることで、抑制してくれるのだとか。

すぐにとまでは無理ですが、1月程継続して塗布し続ければ、徐々に黒ずみは軽減されていくとのことでした。実際に、そうした目的で使用している場合も少なくないらしく、レビューなどで見かける事があります。

ただし、痒みなどの刺激をもたらす成分でもあるので、その辺は、くれぐれも気をつけなければなりません。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら