副作用は全体の5%程度

使用者全体の5%ほどに起こるようです

シミの予防や対策によく用いられるハイドロキノン配合クリーム。
中でも安価な、ユークロマクリームなどが人気です。

今では、皮膚科の処方によるだけでなく、ハイドロキノンが配合された美容化粧品がドラッグストアなどでも売っているため、簡単に入手も可能ですね。しかし、そうして簡単に購入できるようになったので、ハイドロキノンの副作用に関する注意がよく喚起されているそうです。

シミに良いとされているハイドロキノンですが、その強い働きをもたらしている有効成分は、化学物質であるため、濃度によっては肌に負担をかけて、アレルギー症状が出てしまう場合も多いようです。

使用者全体の5パーセント程度に、肌の痒み、赤み、腫れなどの症状が生じるようです。こうした副作用の諸症状の程度を確認する為にも、すぐに塗るのではなく、使用する前にはパッチテストにより、安全性を確認しておくべきと言われています。

具体的には、肌の柔らかい二の腕にハイドロキノンのクリームを塗布して、1~2日そのままにして経過を見るという方法で、これで上記の副作用と同様の症状が出たら、ハイドロキノンの配合濃度が低いものに変更することが強く推奨されるとのことでした。

ハイドロキノンの配合濃度が強ければ強い程、シミへの効果も期待できますが、こうした副作用があるなら、ちょっと慎重に考えるべきかもしれません。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら