ハイドロキノンで肌が赤くなる?

特に最初の内はアレルギーが出やすい

シミ予防の為には、夏の間は、特に紫外線対策が欠かせません。
しかし、どんなに日焼け止めクリームなどを塗ったところで、全ての紫外線を防げる訳ではありませんから、同時に出来たシミの対策もしなければいけません。

お肌の曲がり角と言われる25歳を過ぎると、肌のフィードバック力だけに頼るのは厳しいので、ハイドロキノンクリームなど外部からの対策も必要となります。

ですが、使用する事を考えると気になるのがハイドロキノンによる副作用。

臨床データでは、使用者のおよそ5パーセントに、肌の赤みや痒み、腫れなどの症状が生じたのだとか。ハイドロキノンクリームは肌を守るためのものなのに、なぜ逆に肌にこのような症状がもたらされるのでしょうか?

どうやら、使用によってアレルギー反応として、上記の症状が生じてしまうんですね。ハイドロキノンのシミ対策効果を期待する以上、副作用のリスクは避けて通れない問題となります。

このリスクを抑えつつ使うなら、濃度の調整が必要となります。
ハイドロキノンの配合濃度は、1パーセントから10パーセントまでと、結構幅があるため、濃度さえ上手く調整すれば副作用もある程度抑えられるようです。

いずれにしても、個人で使用する場合は、すべて自己責任となってしまうので、安全を第一に考えて使う為にも、副作用が問題無い程度なのか確認しておきたいところです。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら