ハイドロキノンによる痒みについて

痒みはアレルギー反応の一種

外出する機会が増えて紫外線を浴びている事が増えるたり、年齢的にも肌のターンオーバーだけに頼るのも心許ないということがあると、ハイドロキノンクリームのお世話になる事も増えるかもしれません。

しかし、ハイドロキノンクリームを使い始めると、ある困った症状に悩まされる事があるようです。

それが、塗布部分の痒み。
塗った所だけ痒くなるので、原因は、ハイドロキノンで間違い有りません。

実際、ネットを調べてみると、ハイドロキノンが配合された美白化粧品を使い、痒みの症状が出たという声が多々ありましたから。

痒みが出るという事は、体にハイドロキノンは合っていないからのようにも思いそうですが、ハイドロキノンが原因で痒みが出るのは、ある程度仕方ないことなのだとか。

詳しく言うと、ハイドロキノンは化学成分に分類されるため、肌がアレルギー反応を起こし、それが痒みとなって出現するそうです。

とは言っても、そうしたアレルギー反応は、肌が免疫をつけるに伴い自然と軽減するため、心配する必要は無いみたいです。あまりにも痒い場合は、無理に使用しないのが肌の為ですが、その辺も確認しながらが良さそうです。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら