ほくろを目立たなくする事は可能?

茶色なら効くが黒色ならむずかしい

ほくろの原因もシミと同じように、メラニン。
つまり、紫外線による影響が一番強いそうです。それだけ、紫外線によるダメージが強く、色濃く残ってしまった結果とも言えます。

となると、ハイドロキノンクリームを使えば、ほくろもシミやソバカスと同じく、薄くなったり消えたりするのでしょうか?

もしそうなら、顔に出ているほくろを消したいと思っている人にとっても救世主となってくれるかもしれません。

残念な事に、ほくろの治療はハイドロキノンだと基本的に無理とのことでした。
なんでも、ハイドロキノンが有効なのは、紫外線が原因のシミやソバカス、ホルモンバランスが乱れて生じる肝斑、ニキビや傷、火傷で残った色素沈着だけなのだとか。

と言っても、厳密にそれだけと言う訳ではなく、時間はかかりますが、一部のほくろには、ある程度効果が期待できるとのことでした。その一部のほくろとは、茶色のほくろ。この場合は、メラニンが表皮層で留まっているため、ハイドロキノンの効果も届くそうです。

しかし、茶色ではない、黒いほくろだと駄目。

理由は、既にメラニンが真皮層まだ達している場合、ハイドロキノンの成分が届かないからです。顔のほくろが茶色ならユークロマクリームなどハイドロキノン配合の薬を使ってみるのもアリかもしれません。

ほくろの色によって、皮膚のどの層に居るか違いがあるという事を初めて知りましたが、色の薄いものは、まだ薄くできるチャンスがあるので、試してみる価値はあるかもしれません。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら