ハイドロキノンで肌が乾燥?

化学成分で刺激が強いので

ハイドロキノンを使うと、これから残りそうなシミを予防出来るだけでなく、シミを改善することまでできるそうです。メラニンの生成を抑制するだけでなく、メラノサイトの働きを抑制する作用によって、皮膚に沈着しているメラニンを除去してくれるようです。

その働きの強さから、ビタミンCなどよりも高い美白効果を見込めるとのことでした。

しかし、ハイドロキノンの使用中は、ある肌トラブルに悩まされるそうです。
そのトラブルとは、肌の乾燥。ハイドロキノンが化学成分であるので、塗った部分の肌が結構乾燥する事があるものです。

特に、刺激性の強い成分ほど、乾燥肌が顕著になるそうですが、美白成分として非常に強い効果を期待できる反面、肌への刺激性も強いといえます。

また、乾燥肌の人は、皮膚が弱いと言われるように、乾燥している分、通常よりも肌のバリア性は弱くなっている以上、紫外線への耐性も落ちているため、ハイドロキノンを使っている間は、保湿の方も心掛けるべきとのことでした。

特に、紫外線が強いこの夏の時期は、逆にハイドロキノンのせいでシミもできやすいそうですから。

シミを治すためにハイドロキノンを使っているのに、そのせいで新たにシミができてしまうようなら本末転倒なので、使用の際には、十分に気をつけるようにしたいものです。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら