肌の漂白剤と呼ばれる理由

2つのアプローチでシミを解決するから

シミ対策として日本で有名なものだと、ビタミンCやプラセンタなどがよく出てくる成分という印象があります。しかし、皮膚科で処方されている美白成分で、それらよりも10~100倍強いものがあるそうなんです。

その美白成分こそが、ハイドロキノンです。
そうした強い効果から肌の漂白剤とも呼ばれているとのことでした。

では、ハイドロキノンは、なぜそのように高い美白効果を期待できるのでしょうか?

メラニンに対しダブルの作用をもたらすからということが分かりました。

具体的には、メラニンを無色から黒色に変化させることでシミの原因となる体内酵素のチロシナーゼを抑制したり、既に皮膚に沈着したメラニン色素を、その素となるメラノサイトを減少させることで除去したりできるそうです。

シミの予防はできるものの、既に沈着してしまったメラニン色素には効果が無いので、現存するシミを消すことはできないビタミンCやプラセンタに比べ、ハイドロキノンは高い美白効果を有すと言われているみたいです。

最近では、皮膚科で処方されるものよりも濃度が低いものの、ハイドロキノンが配合された美白化粧品もいくつか市販されているのですが、割とリーズナブルな価格で購入する事ができます。

他にも、トレチノインを使用する事で起こる炎症後色素沈着という症状を軽減したり予防する上でも有効らしく、これらが両方同時に使われているのは、その為です。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら