使用中はシミの危険性に要注意?

シミを減らす働きが反対に増やしやすくするので

紫外線を浴びると、肌は身を守るためにメラニンを活発に生成するせいで色素沈着が起こりシミが出来てしまいます。特に、夏は日差しが強く日照時間も長い事で紫外線が強いため、その危険性は更に上がるのだとか。

そんなシミも若い頃は、新陳代謝が早くシミとして残る前に肌が新しく変わりますが、年齢を重ねると代謝が衰えるので残ってしまう。

こうして消えないシミを予防する為の方法として、シミができる前に、予めハイドロキノンで予防しておくことも推奨されるそうです。

ハイドロキノンは、体内酵素に作用してメラニンの生成を抑えたり、メラノサイトを攻撃してメラニンを軽減したりするため、こうした方法も可能だというのは、なんとなくイメージできると思います。

しかし、これはあまり知られていないのですが、ハイドロキノンを使用している間は、逆にシミになる危険性は上がっているのだそうです。なぜなら、前述したハイドロキノンの持つ強い刺激性が、肌のバリア機能を弱めてしまうからです。

つまり、肌は紫外線に対しても弱くなってしまっているんです。

ハイドロキノンを塗るだけで外出するのは危険なため、ちゃんと紫外線対策も並行して行うべきとのことでした。また、ハイドロキノンの刺激性は、熱や光により酸化することで強まるため、夏の間は日焼け対策も必要みたいです。

いずれにしても、シミとなる前に塗って出かけるのは間違いで、日差しを浴びてシミが出来そうだなという部分にあらかじめ塗るのであれば、使い方として問題ないのだと思いますが、外出する際には、どの道日焼け予防の対策をしっかり行う事が必要です。

シミを減らす薬を使用する事で、反対にシミが増えてしまうリスクもあるというのは、注意が必要なので、怠らないように気をつけたいものです。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら