ハイドロキノンを朝塗る場合

外出するなら紫外線対策を怠らないように

ハイドロキノンを朝塗る場合は、紫外線対策を怠ると危険だそうです。

ハイドロキノンを使用している間、肌のバリア機能は弱まっているからですが、ハイドロキノンは高い美白効果の反面、結果的に肌への強い刺激性となる要因でもあるので、適量使用であっても肌への負担が大きい事があります。

肌の紫外線への耐性も弱まっているので、紫外線対策が必須となります。ちなみに、それを怠ると、紫外線の影響でシミになってしまうとのことでした。

しかも、肌が弱っている状態でできたシミというのは、通常よりも治りにくいという難点もあるそうです。シミ改善のためのハイドロキノンなのに、これでは何のために使っているのか分からないですね。

夏の間は、特に日焼け止め対策も行った方が良いですが、夏に限らず、外出する場合は、いつでも紫外線予防クリームなど対策は必須。

ハイドロキノンは熱や光に弱く、それに当たると酸化してしまい毒性となり肌への刺激性が強くなってしまいます。具体的には、肌に乾燥、赤み、腫れ、痒みなどの症状が出てしまうとのことでした。

このように細心の注意が必要となりますが、こうしたリスクを踏まえた上で使わなくてはならないと言えます。特に、海外からの個人輸入となれば、すべて自己責任となるので、対策をしっかり把握しておく事が大切です。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら