使用期間中は紫外線対策が重要

ハイドロキノン使用箇所は紫外線を浴びないように

まだハイドロキノンが注目される前までは、シミと言えば、ビタミンCやプラセンタなどの成分が良いような気がしていましたが、実際のところ、それらはシミの予防策としては適しているものの、現存するシミにはあまり効果が見込めないそうです。

既に沈着したメラニンを除去することができないからです。
そこまで強力な働きが無いと、出来てしまったシミには対処しきれません。

その点、ハイドロキノンはビタミンCやプラセンタと違い、その現存するシミも、メラノサイトを除去することで改善してくれるため、一部では肌の漂白剤と言われる程、高い美白効果を期待できる事で人気となっています。

ただ、ハイドロキノンの使用期間中は、ある対策を徹底しなければいけません。
それが、紫外線対策です。

ハイドロキノンを使っている間は、肌が紫外線に対して弱くなってしまいます。メラニンの働きを強制的に抑えるという事は、結果として、肌を日光から守る働きを抑えてしまう為です。

また、ハイドロキノン自体も日光によって毒化するらしく、それが、肌の刺激となるそうです。しかも、そのように肌が弱っている間にできたシミは、通常より治りにくいという難点もあるそうです。シミ改善のためにハイドロキノンを使うのに、これでは本末転倒。

紫外線対策として、日焼け止めクリームなどを使うことが推奨されているので、絆創膏で覆うなどの物理的な方法が難しい場合は、しっかり日焼け対策をする必要があること。また、紫外線の影響を受けないように、使うタイミングを考える事などが必要となります。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら