ハイドロキノンは薄く塗ること

化学成分なので用法・用量を抑えめに

ハイドロキノンは、なるべく薄く塗るのがポイントだそうです。
薬と肌との関係を良好に保ったまま使い続ける為にも、効果を急ぐより、トラブルを起こさない事が得策です。

肌は目に見える部分なので、なるべく早く治したいものです。
しかし、どうしても用量をオーバーして多めに塗ってしまいやすいので注意が必要ですが、これをしてしまうのはあまり良くないのは言うまでもありません。

特に効き目の強いハイドロキノンのような薬の場合、用量を守らないと色々と大変なトラブルとなりかねません。

ハイドロキノンは、メラニンを抑制したり軽減したりする効能を持つのですが、化学成分であり劇薬と言われている位、効果の強い薬です。用量を守らず多目に塗ってばかりいると、肌に多大な負担をかけ、かぶれや炎症などの症状が生じてしまうのだとか。

また、ハイドロキノンが原因で炎症が生じると、反対にシミが増える原因にもなりやすい点があります。

しかも、そのシミが、紫外線などが原因の普通のシミに比べて、中々解消しにくいのだとか。シミ改善のために使っているのに、これでは意味がありません。

シミを取るつもりが反対に増やしてしまう。
これが一番の遠回り。

また、最初は赤み、痒み、腫れなどの症状が塗った部分に出やすいもの。
ただ、これはアレルギー症状の一種で、大抵は使う内に肌が耐性をつけることで、徐々に軽減されるため、基本心配しなくて良いみたいです。

その見極めをするという意味でも、まずは、薄く塗り様子を見ながら継続する事が大切なんだと思います。

>>ユークロマクリームの正規品取扱い店舗はこちら